ハートハートハート


それでも生きていく

この前ね、
江ノ電で藤沢駅に向かってるとき
隣の女の子たちが
「来世は幸せな一生を過ごしたいよ」って話してた
まえにも あちらこちらで聞いたことのあるこのセリフ
なんとなく聞き流したんだけど・・


あとになって 気になりはじめたんだよね・・


幸せな一生ってどんなんだろう・・


ぼくはの今までは
小さいころから
ずっと夢中になって続けられるものとも
とくに出会わず、
そんな中でいろいろと
なんか大変な出来事だけが目立つ
そんな印象がしちゃうな・・・


生きるって酷い、
生きるって苦しい
悲しい
本音はこうかも・・・


でもね、死ぬほど苦しいわけじゃないよ
苦しいけど、悲しいこともあるけど、
そんなに不幸だとは思ってないんだ・・・なぜか


悲しいことや苦しいことに合わないければ
幸せな人生ってことでもないし。


昔読んだ本に
不幸な人ほど神や仏の恩寵は深いと書かれていたけれど・・・・

生きるって普通に苦しいくて悲しいものなのかも
だったら、今苦しいのは間違いじゃないんだ


そう思うとなんか楽になる


幸せになりたい、夢をかなえたい、
そういう「生きる力」みたなものが
強ければ 強い人ほど
この世の無常に対する苦しみや悲しみは大きくなっていく
小学校の頃、図書館で読んだ偉人の伝記でそれを知ったよ


こんな偉い人でも苦しいし悲しいんだな~って
感想だったのを憶えてる


THE BLUE HEARTSのTRAIN-TRAINってゆう曲の 歌詞の中に


ここは天国じゃないんだ
かといって地獄でもない


いいヤツばかりじゃないけど
悪いヤツばかりでもない


ってのがあったよね、
今思えば、これってすごく意味が深いね


生きるって
苦しいし、悲しい でも 自分で終わらせようとするほどでもない


だって悪いことばかりじゃないからさ。


Filed under: スタッフブログ — admin @ 12:04 AM  コメント (0)

どっちも あっていいじゃないかな

今って
科学も医学もどんどん進んでさぁ
ネットでなんでも検索できて
なんか近いうちに
みんなわかっちゃった~って
なりそうな勢いがしちゃう・・
地球上のこと全部わかったような
そんな気がする時代かな

でもね、今までなかった病気が現れたり
未知の次元の存在があることがわかったり
脳のことは解明されてるのは数パーセント

実際はこの世界のほんの一部しかわかってないのかも

だって世界中でたくさんのあたらしい問題が山積みだもの

ひょっとして なんかほとんどわかっちゃったって
おもってしまったことが
すごい過失というかそういうことかもしれない

わからないことはいけないこと?
 
わかろうとすることを放棄するわけじゃないけど、
わからないってことも なんか 必要な気がする

だってさぁ
喜ぶことも大事だけど、
悲しむことで過去を清算できるし
それに
明るい前向きな気持ちがすごく受け入れられやすいけど
暗くて沈んじゃいそうな気持がこころの限界を教えてれる

季節だって 
寒い冬と暑い夏があるし
プラスのことと同時に
マイナスと思われてることもすごく大切なんじゃないかな

ぼくらはさぁ、今生きているんだけど、毎日どんどん死ぬ日に近づいていることも
間違いないよね

生と死の両方をもってる

だからさぁ
光と影の両方を生きてるのがぼくたちなんじゃないかな

そうすると
その片方だけを生きて進んでいくのって
なんか危ういよ

この両方をよりよく生きてこそ
自然の流れにあってくる
そう感じるんだ

Filed under: スタッフブログ — admin @ 12:24 AM  コメント (0)

その先には・・・・・


深い悲しみ・・・
そのまま飲み込まれるのはこわいこと・・・
そうだよね・・

だけど その感情は通過駅
そこを通って その先に 

キミが本当に到着したい駅があるのかも

もしそうなら一緒に行こうか

もしも その悲しみに飲み込まれても大丈夫
そのまま行けば出口につながってるから

Filed under: スタッフブログ — admin @ 7:19 PM  コメント (0)

心理カウンセリングのスタイル

心理カウンセリングってどんなものだと思うかな・・・
今はホントにいろんなやり方があるけど・・・

悩みを持った人に
なんかもっともらしい忠告とか助言とかを言って終わりってものではないんだよね

だいたい、忠告や助言なんかで解決するようなら
心理カウンセリングなんかに来ないよね。

もちろん一言で人の悩みを解決しちゃう
賢者みたなのがカウンセラーではないしね。

問題が起きると解決を焦っちゃうことが起きやすいんだけど
解決を焦らないのが心理カウンセリングの特徴かな

たとえばね、
中学生とか学校に行けなるなると
まわりの人は
これは大変だということになって 行けなくなった原因を探そうとするんだ。

もちろん普通のことなんだけど。
「なんで行けないの?」なんて聞かれるよね。

そしてさぁ
本人も実はよくわからないんだけど
「え、部活の先輩が怖いとか」とか「友達がいない」とか、
何か言わないといけないってゆう雰囲気になっちゃうから、何か言うんだよね。

この時ってとにかくなんでもいいから言わないと
解放してもらえないってゆうようね感じになりやすいんだ。

で、原因がわかればなんとかしょうってことになって
部活動の先輩っていう子に注意を促したり、クラスの気の利く子に声掛けてお願いしたり。
まぁ いろいろやってみる。

でも、こういう努力がうまくいかないってことになると、今度は「本人が怠けてる」とか「親が過保護」とか・・・
ってことになったりして。

で、そうまわりから言われて本人もよくわからないまま「あ、そうかなぁ・・」って変な安心がわいてきて、
それで果てしない努力みたなのが始まる場合があったりね・・。

結局まわりの人たちは
早く安心したいんだよね。
原因とかわかんないと
やっぱり不安だし、
原因をみつけて早く片付けたいから
あたりまえといえばそうなんだけど、

みんな慣れ親しんだ思考回路の中にある
こうしたら こうなるはず・・・・・ってゆう
原因に対して 一つの結果、
原因→結果
の鎖に この現象をいつまでも繋ぎとめておきたい感じになっちゃうんだ・・・。 

心理カウンセリングって
この原因→結果ってゆう
因果的回路から
解放されたスタイルで進んでいくから、
その子は自由に話はじめる

で、あたらしい答えというか、可能性みたなものがどんどんでてくるよ。
本人の中にあって、本人にもいままで気付かなかったこと、
まわりには全然思いつきもしないようなことが
ポンってでてくることもあるんだ。

Filed under: スタッフブログ — admin @ 6:21 PM  コメント (0)

君は言ってたね

君は言ってたね
なぐさめなくていいよ
ただわかってくれたらそれでいいって

Filed under: スタッフブログ — admin @ 12:26 AM  コメント (0)

本当は・・・

きみが本当に言いたいことは
今日きみが言わなかったことの中にあるんだよね

Filed under: スタッフブログ — admin @ 1:34 AM  コメント (0)

ねぇねぇ

キミは自分を欠点が多い人間だっていうけどさぁ、

キミは人の欠点を全部見逃してくれる。

キミほど優しくて素敵な人はいないよ。

Filed under: スタッフブログ — admin @ 4:23 PM  コメント (0)

とどいてる

どうしても言葉にならない気持ち、
きみは上手に伝えてるよ。

Filed under: スタッフブログ — admin @ 1:05 AM  コメント (0)

今日は休もう

自分に厳しくするって 

自分を責めることじゃないと思うよ。

こんな日はさぁ

何もせず誰とも会わずに一人でいよう。

何も食べたくなかったらそれでもいいよ。

怪我してる時、無理して動くと痛いでしょ。

心だって同じだよ。

無理して笑わなくってもいいんだよ。

Filed under: スタッフブログ — admin @ 1:26 AM  コメント (0)

大切だよ

よく見せて。
キミにとって大切なものでしょ。
自信を持っていいんだよ。
キミにはわかるんだね。
それが大切だってことが。

Filed under: スタッフブログ — admin @ 2:40 AM  コメント (0)
Older Posts »