ハートハートハート


もうひとつの時間

初めて失恋した日、眠れない夜は長かった。

水泳大会、すごく疲れた。いつもの帰り道がなぜか遠かった。

夏休み最後の日、楽しかった時間が遠い昔のように感じる。

時間は伸びたり縮んだりする。

僕の中にはもう一つの時間が流れてるんだね。

Filed under: スタッフブログ — admin @ 2:42 AM  コメント (0)

キミらしいね

だれとも比べられないよ。

そうゆうキミが大好きだよ。

Filed under: スタッフブログ — admin @ 2:20 AM  コメント (0)

キミはつよいよ・・・・・

イヤなことは イヤって言っても平気だよ。

大丈夫、

そう言っても何も失ったりしないからさぁ。

キミは本当に強いけど、

キミが もう じゅうぶん我慢したってこと、僕は知ってるよ。

Filed under: スタッフブログ — admin @ 2:49 AM  コメント (0)

お砂場で遊べなかった日

小さい頃ね、一人でお砂場で遊ぶのがすっごい好きだった。
 
毎日お砂場で 山を作ったり、トンネルを作ったりして遊んでた。

でもある日ね、はさみで手を切っちゃって遊べない日があった。

「傷口から毒がはいっちゃうよ!」って言われて。

あれ? 傷口があると毒が入ってくるの?

傷がない時はなんでもさわれたのに・・・・・・あ~あ、楽しくないな。

そう思ったのを今でも憶えてる。

今ね、大人になってわかったことがあるんだ。

こころも同じだってこと。

でもね、大丈夫だよ。

傷口がふさがれば またなんだってさわれるから。

Filed under: スタッフブログ — admin @ 1:49 AM  コメント (0)

かわいいよ、でもね・・・・

昨日の夕方 電車にのった。
電車の中で20代前半くらいの女の子が二人楽しそうに話してる。
どう見ても普通の子。
でもすごい服きてるんだよね、この二人。お父さんがみたら気絶しそうな・・・。
たまにキョロキョロして周りを気にしてる。
自分らしく生きてるって感じたいのかもしれないなぁ・・・。
悪くないよ、いいんだ、いいんだよ もちろん。 
でも この二人の子、なぜか痛々しい感じがする・・・・。
なんかね・・・・・
自分らしく生きることより、
自分らしさを演じることに一生懸命になってるように見えちゃう。
どちらの生き方も見た目 似てるんだけどね・・・。

Filed under: スタッフブログ — admin @ 1:32 AM  コメント (0)

おばあちゃんっていって思いだしたことがある

卒業して始めて企業に入った頃 会社が終わってから 学校に通ってたんだ。
夕方仕事が終わってからだからね、すっごいお腹が空いてさぁ、
でも時間ないから 即行で支度して走って会社を出る感じだったんだよね。
ある日、会社が終わっていつものように急いで着替えをしてるとね、
知らないおばあちゃんが近づいてきて「ねぇ、これ食べなさい」って。
サランラップに包んだ、どう見ても手作りのおにぎり1個。
びっくりして、「え!僕に??どうして??」って聞いたら
「これから学校でしょ、いいから食べなさいよ」っていわれて、食べた。
おなか減ってたんで、すごいおいしかった。
急いで食べて、「おばあちゃん、ごちそうさまー!」って言って
会社を飛び出た。
そして次の日、会社が終わって着替えようとロッカーを開けたら
サランラップに包まれたおにぎりが1個入ってた。
「え!マジで!・・でもなんでだろう??」
そう思いながら食べた。やっぱりおいしかった。
それから、学校が終わるまでの数ヶ月間、
おばあちゃんには会わなかったけど、
毎日、おにぎりがロッカーに入ってた。
ようやく学校が終了、おばあちゃんにお礼をいわなきゃ。 
おばあちゃんの名前を他の人から教えてもらった。
矢部さんっていうんだ。
定年を過ぎてるけど、嘱託で働いてるっていってた。
矢部さんのところへ行って
「ありがとう、いつもおいしかった!」って元気よくお礼をいった。
矢部さんはとびっきりの笑顔で「がんばったね」って言ってくれた。
単純に嬉しかった。
あのとき僕は若すぎて気付けなかったけど、
なんの得にもならいこと、それも何カ月も毎日僕のためにしてくれた矢部さん。
それなのに僕は、最後にありがとうの一言で終わらせてしまった・・・・。
今はすごく後悔してるよ・・・。
ほんとは毎日「ありがとう」っていえばよかったって・・・・。
大きな事への感謝は忘れてなかったけど、日常の小さなことに気づいて感謝って忘れてた。だいぶ時差はあるけど、「おばあちゃん毎日本当にありがとう」

Filed under: スタッフブログ — admin @ 2:43 AM  コメント (0)

宝石みたいな子でした。


箱庭をつくってくれた子に許可を取ってアップしました。

この子はとびっきりチャーミングでエネルギー体みたいな子でしたが、

決して目標に向かってまっしぐらという感じではなく、

結果より物事の過程を楽しめる 圧倒的なセンスをもっていました。

もっといえば生きることを楽しむセンスをすでに持っているように感じました。

この子はまだ義務教育の管理内の年齢、本当に若いのですが、今日は完全に教わりました。

Filed under: スタッフブログ — admin @ 1:08 AM  コメント (0)

今日はおばあちゃんの命日だから

伝えたい気持ちをね、伝えられるときに伝えるってことってすごく大事なんだ。

だってさぁ、

だれの時間も永遠じゃないからさぁ。

別れはどんな人にも平等に必ず訪れるんだよね。それも突然に起きることもあるんだ。

もう会えなくなる別れが・・・。

だからさぁ、気持ちを伝えよう。

許されてる時間の中で 大切な人に伝えていこう。

言葉でつたえることができないなら、言葉じゃなくっていいんだよ。

自分だけの最高の伝え方があるはずだから。

時間っていうのはね、本当はね、すごい価値があるんだよ

Filed under: スタッフブログ — admin @ 1:14 AM  コメント (0)

アイランドシティーでの特別講座終了

本日、アイランドシティーの我親愛なる友人の主催する、なないろのもり で 特別講座をさせてもらいました。

22日に22名の参加でなんだか縁起が良いという感じでした。

このたびは 宗教と科学の接点からみた心理学講座でした。

みなさん楽しんでもらえてたでしょうか??

これからも 楽しい企画を用意してみなさんとお勉強させてもらいたいです。

御参加くださったみなさま、いろいろ御意見聞かせていただけたら幸いです。

Filed under: スタッフブログ — admin @ 11:59 PM  コメント (0)

ホーム

多くの方の生活のリズムは、朝起きて家を出て、夜には家に帰ってきます。

みなそれぞれ、自分の家、こころの家(ホーム)がある。

外の世界で精いっぱい頑張ったあとは自分でいられる場所に帰る。

じゃないと、そのうち自分を見失うってことが起きてくることがある。

行き過ぎってことが。

帰る場所があるから安心して楽しい旅ができるのだと僕は思ってます。

自分の帰る場所、それは友達だったり、家族だったり、恋人だったり。

帰る場所がない旅は、さすらいの旅。

帰る場所がなければ進むだけ。

毎日のニュースを見ていると、世の中はさすらいの旅を始めているようにも見えます。

発展に発展を重ね、行き過ぎて自分を見失って、バランスを崩す。

大きな目でみたら人類にも行きすぎが起きて,

開発、発展のスピードは誰にも止められないほど加速度的に速くなり、

地球のバランスや生態系が壊れだしました。

でもこれは望んだ結果ではないはずです。

行き過ぎたんですね。

それに気付いた人類の一部は自然に帰る道を模索しはじめました。

頑張ることはもちろん大切。

それと同じくらい自分のニュートラル(ホーム)を大事にしなくてはと感じます。

車の両輪のように。

 386_IMG_295011

Filed under: スタッフブログ — admin @ 5:41 PM  コメント (0)
« Newer PostsOlder Posts »