ハートハートハート

お気軽にお問い合わせください
090-6495-1568
info@3heart.com
HPからもお受付致します
カウンセリング日時
福岡県久留米市江戸屋敷2-27-13
[カウンセリング ハートハートハート]
〒251-0861
神奈川県藤沢市大庭5055

丸本莉子


心理カウンセリングのスタイル

2013年7月22日


心理カウンセリングってどんなものだと思うかな・・・
今はホントにいろんなやり方があるけど・・・

悩みを持った人に
なんかもっともらしい忠告とか助言とかを言って終わりってものではないんだよね

だいたい、忠告や助言なんかで解決するようなら
心理カウンセリングなんかに来ないよね。

もちろん一言で人の悩みを解決しちゃう
賢者みたなのがカウンセラーではないしね。

問題が起きると解決を焦っちゃうことが起きやすいんだけど
解決を焦らないのが心理カウンセリングの特徴かな

たとえばね、
中学生とか学校に行けなるなると
まわりの人は
これは大変だということになって 行けなくなった原因を探そうとするんだ。

もちろん普通のことなんだけど。
「なんで行けないの?」なんて聞かれるよね。

そしてさぁ
本人も実はよくわからないんだけど
「え、部活の先輩が怖いとか」とか「友達がいない」とか、
何か言わないといけないってゆう雰囲気になっちゃうから、何か言うんだよね。

この時ってとにかくなんでもいいから言わないと
解放してもらえないってゆうようね感じになりやすいんだ。

で、原因がわかればなんとかしょうってことになって
部活動の先輩っていう子に注意を促したり、クラスの気の利く子に声掛けてお願いしたり。
まぁ いろいろやってみる。

でも、こういう努力がうまくいかないってことになると、今度は「本人が怠けてる」とか「親が過保護」とか・・・
ってことになったりして。

で、そうまわりから言われて本人もよくわからないまま「あ、そうかなぁ・・」って変な安心がわいてきて、
それで果てしない努力みたなのが始まる場合があったりね・・。

結局まわりの人たちは
早く安心したいんだよね。
原因とかわかんないと
やっぱり不安だし、
原因をみつけて早く片付けたいから
あたりまえといえばそうなんだけど、

みんな慣れ親しんだ思考回路の中にある
こうしたら こうなるはず・・・・・ってゆう
原因に対して 一つの結果、
原因→結果
の鎖に この現象をいつまでも繋ぎとめておきたい感じになっちゃうんだ・・・。 

心理カウンセリングって
この原因→結果ってゆう
因果的回路から
解放されたスタイルで進んでいくから、
その子は自由に話はじめる

で、あたらしい答えというか、可能性みたなものがどんどんでてくるよ。
本人の中にあって、本人にもいままで気付かなかったこと、
まわりには全然思いつきもしないようなことが
ポンってでてくることもあるんだ。

Filed under: スタッフブログ — admin @ 6:21 PM

コメントはまだありません。

コメントする